2013年08月17日

イムコのオイルライター

 イムコのオイルライターは、ブリキ製でなんだか安っぽいのですが、なぜか好きなライターです。ワンアクションで着火し、大きさも手ごろで、ジッポーより軽いのです。
 しかし、残念ながら製造中止になってしまったようです。安価なのも魅力だったのに数千円という法外な値で売っているところがあります。

R0010495.JPG
posted by 釣雨 at 09:43| Comment(0) | 道具 | 更新情報をチェックする

2013年08月04日

携帯電話フォルダー

 まだ携帯電話(ガラケー)を使用しています。携帯電話を持ち歩くのにベルトから吊り下げています。それに金属にものを使用していたのですが、新たにジャンパードット打ちとジャンパードットを購入したので、余った革を利用してベルトから吊り下げるフォルダーを作ってみました。
 幅2センチメートルの革の両端にジャンパードットのオス/メスを取り付けて、ステンレスのリングを片方に縫い付けてみました。簡単な革細工です。
 ランディングネットを吊るすのにも使えるでしょう。

R0010471.JPG
posted by 釣雨 at 18:07| Comment(0) | 道具 | 更新情報をチェックする

2013年07月27日

燃料ボトル

 SIGGのアルミの燃料ボトルがありますが、登山で使用して、ボコボコに凹んでいます。新しいボトルに買い替えようとしましたが、すでに廃盤となっているようで、売られていません。
 そこで、飲料用のSIGGアルミボトルを燃料ボトルとして、ホワイトガソリンを入れて使用しました。しばらくするとフタが膨張し、開け閉めできなくなりました。どうもホワイトガソリンで変形するようです。フタの直径が同じであるMSRの燃料ボトルのフタに付け替えることにしました。
 飲料ボトルは、先に生産された燃料用ボトルより丈夫そうで、容易にボコボコにはなりそうにありません。これをホワイトガソリン用の300ccの燃料ボトルとして使用します。

R0010470.JPG


posted by 釣雨 at 14:53| Comment(1) | 道具 | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

ピアレスとビルバラン(フライリール)

 ピアレスとビルバランのフライリールがあります。どちらも両軸受けのフライリールです。フラフィッシングが流行っていた頃、バンブーロッドには、これらのリールが似合うと思っていました。高田ロッドのバンブーにはピアレス、ヒラオロッドのバンブーにはビルバランをつけてます。
 このタイプのリールは、ハンドルにラインがかかったままラインを引き出すと、ハンドルにラインが巻き込まれてしまうということがありました。注意すれば、そんなこともありません。
 また、これらのリールとバンブーロッドを持って、あっちの渓、こっちの渓と行ってみたいものです。

R0010469.JPG
posted by 釣雨 at 15:41| Comment(0) | 道具 | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

GSIスパイスミサイル

 食卓で、唐辛子や胡椒を使うのは、家では私だけです。だから私専用のスパイスケースを使用しています。
 いくつかスパイスケースを使いましたが、今気に入って使っているのは、GSIの「スパイスミサイル」です。このスパイスケースの穴ですが、2種類あって、一つは角型で大きなものとなっています。もう一つの大きさは、かなり小さく、粗挽き胡椒や七味唐辛子では、ほとんど使い物になりません。そこで、ピンバイスを使って穴を広げてもいいのですが、ピンバイスでは穴の周りにバリが出て、思ったように穴が広がりません。それで革用のパンチを使用したら、うまく穴を広げることができました。バリもなく、胡椒も七味唐辛子も、うまく出てくるようになりました。
 スパイスミサイルですが、一段に2種類入るようになっていますが、容量が小さいので、一段に1種類づつ入れるようにしています。スパイスミサイルの大きさもデザインも気に入っています。

R0010465.JPG
posted by 釣雨 at 15:23| Comment(0) | 道具 | 更新情報をチェックする

2013年06月30日

鯉釣り用バッグ

 もう10年以上になりますが、小さなコイ釣り用バッグを使用しています。FoxFire製なので、フライフィッシング専用のバッグとなっています。フィッシングベストをバッグにしたようなものです。
 私は、これにフライボックス、ティペット、リーダー、入漁券、鉤外し、ティペットカッター、ハサミ、温度計、ジンクなどを入れてます。
 表の網の中には、使用して濡れたパンフライを入れてます。ハサミは、食パンを細かく切るのに使用してます。ティペットに使用している「トヨフロン スーパーEX 1.5号」は、フロロカーボン100%で、とても強いです。メーカー希望小売価格は2,200円となっていますが、半額で購入しました。50mなので、かなり使えます。

R4000057.JPG

R4000056.JPG
posted by 釣雨 at 16:38| Comment(0) | 道具 | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

グランテトラの水筒

 1リットルのグランテトラの水筒を使っています。金属製(アルミ)で、真ん中が凹んでいて、持ちやすくなっています。フタもワンタッチ式で、片手で開けることができます。とても便利なフタです。
 最近になって、チェストバッグを手に入れたので、1リットルの水筒はバックパック、500ミリリットルの水筒をチェストバッグに入れて持ち歩こうと考えています。そこで、500ミリリットルで、グランテトラと同じようなフタの水筒はないかと探しましたが、ないようです。しかたがないので、ナルゲンの500ミリリットルの水筒を使用しています。
 以前は、水筒と言えば、グランテトラやマルキルで、あのワンタッチのフタが付いていたのに、なくなってしまったのは残念です。
 ネットで「グランテトラ」を検索したら、結構いい値で取り引きされているようです。

R4000045.JPG
posted by 釣雨 at 19:35| Comment(0) | 道具 | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

通勤用雨具

 梅雨の時期、ちょっと肌寒かったり、急に雨に降られたりと天候が安定しません。また、電車内のクーラーが強めで寒かったりします。そこで役に立つのが、ユニクロの「ライトポケッタブルパーカ」です。軽くて、通勤鞄の中に入れておいても邪魔になりません。ちょっとした雨でも、雨をはじいてくれます。
 それからレインパンツ。基本的に雨具は、折りたたみの傘なのですが、早足で歩くと足元が濡れてしまいます。駅まで、歩いて20分はかかるので、傘だけだと膝から下が、ビシャビシャになってしまうことも多々あります。そこで、レインパンツの出番です。通勤用にいいのが、モンベルの「バーサライトパンツ」です。重さが100gを下回る、軽いレインパンツです。折りたたむと掌にすっぽり入る大きさです。モンベルのレインウェアのいいところは、上下別々に購入できるところです。私は、バーサライトのパンツのみ購入しました。生地は非常に薄く、藪漕ぎをするとたちまち穴が空きそうですが、通勤に使用するので、問題ないでしょう。通常のレインパンツは、靴を脱がなくても、裾のジッパーを開けば、脱いだり、穿いたりできますが、これには裾のジッパーは付いていません。前の開閉もありません。こういったものを排除して、軽さを重視しているようです。
 実際に通勤で使用してみたところ、若干蒸れますが、軽いので毎日持ち歩いても苦になりません。アウトドアでの使用はきびしいですが、ユニクロのライトポケッタブルパーカとモンベルのバーサライトパンツは、梅雨時期の通勤では便利なアイテムです。

R0010452.JPG
posted by 釣雨 at 14:03| Comment(0) | 道具 | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

偏光グラス

 普段のメガネを遠近両用レンズのメガネに替えてから、近くのものもメガネを外さずに見えるようになりました。
 釣り用の偏光レンズのメガネはそのままで、見えづらかったのですが、遠近両用の偏光レンズはかなり高価でなかなか買うことができません。最近、メガネ○○○○で、屈折率1.67の薄型遠近両用レンズが9,600円というチラシが入ってきました。手持ちのメガネフレームで、レンズだけの交換もOKとなっていました。もともと私の偏光レンズのメガネは、偏光レンズと度付きレンズが別のものだったので、度付きレンズをこの遠近両用レンズに交換することにしました。
 で、今日、出来上がってきました。フレームが小さめなので、ちょっと下側の近距離が見えづらいのですが、普段かけているメガネと同じ度数なので違和感がありません。レンズの設計が違うようで、見え方も若干違って見えます。レンズは普段かけているメガネの方が、私にはあっているようです。でも、釣り限定なのでいいでしょう。

R0010451.JPG
posted by 釣雨 at 14:11| Comment(0) | 道具 | 更新情報をチェックする

2013年06月01日

バッグの中の小物

 通勤バッグの中にランプや携帯電話、GPS、鍵などを入れておくと、奥のほうに入ってしまって取り出しにくくなることがあります。探すのも大変なことがあります。
 そこで、ショルダーベルトの付け根の内側に、紐と金属リングを取り付けています。ここに小物類をぶら下げています。これで、取り出す手間が幾分楽になりました。

R0010450.JPG
posted by 釣雨 at 17:36| Comment(0) | 道具 | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

iPod touchのバッテリー交換

 息子が、iPad miniを購入しましたので、それまで息子が使っていたiPod touchを貰うことにしました。しかし、2年以上、毎日使われたiPod touchは、バッテリーが弱っていて、6時間充電して、使用できるのは20分程度です。10分で残量20%の警告が出て、その後10分くらいで電源が落ちる状態でした。
 iPod touchを使ってみると、結構面白く、囲碁ゲームも入れることができます。新しいiPod touchを購入するか迷いましたが、そのうちガラケーをスマートフォンにするかもしれないので、ここはiPod touchのバッテリー交換をして使うことにしました。
 バッテリー交換は、銀座のアップルストアでお願いしました。バッテリー交換といっても、中に入っているバッテリーを交換するのではなく、本体そのものを交換するものでした。交換したiPod touchは、傷もなく、中古なのか新品なのかわりません。
 アップルストアでは、通信設定しなくても、ネットに繋ぐことができました。そこで、初期設定をしてきました。その後、スタバに移って、囲碁ソフトを入れたりしました。
 iPod touchは、家とか、限られた場所でしかネットにつなげませんが、特に不便はありません。いいおもちゃです。

R0010448.JPG
posted by 釣雨 at 14:20| Comment(0) | 道具 | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

パーゴワークスのパスファインダー

 チェストバッグなるものを使用してみました。使用したのは、パーゴワークスの「パスファインダー チェストバッグ」のLサイズです。
 バックパックの取り付けは簡単で、バックパックのショルダーベルトに付属のアタッチメントを取り付けるだけです。古いバックパックにも取り付け可能でした。
 バスファインダーには、地図、方位磁石、水筒(500ml)、携帯電話、カメラ、ハンディGPSを入れました。こまめな水分補給には、水筒がすぐに取り出せて便利です。位置確認も地図が透明なポケットに収納可能で、気軽に見られます。カメラもすぐに取り出せます。いちいちメインのバックパックを下ろすこともなく、手で持つこともなく、楽です。バックパックの前に荷重がかかるので、前後のバランスが取れるような気がします。
 難点は、急な登りで、バッグが腿に当たってしまうことでしょうか。通常は、急な登りは少ないので、それほど気にはならないでしょう。
 また、ショルダーバッグとして使用してもいいです。ちょっとしたウォーキングならばこれ一つで十分です。

R0010445.JPG
posted by 釣雨 at 09:55| Comment(0) | 道具 | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

ゴローのブーティエム

 4月28日に金時山に登りました。天気もよく、富士山がきれいでした。山頂では、オプティマス8Rでお湯を沸かし、スタバのVIA(インスタントコーヒー)を飲んでのんびりしてきました。
 途中、キイチゴの白い花がきれいに咲いていました。
 履いていった靴は、ゴローのブーティエムです。私の足は、普通の靴では小指の付け根が痛くなるので、巣鴨のゴローでオーダーした靴です。やはり自分の足に合わせて作っただけのことはあります。ぜんぜん足が痛くなりません。マメも靴擦れもできません。
 以前から、私は靴の紐を結ぶとき、フックの場合、上から下に向けてかけていましたが、今回普通に下から上にかけてみました。ゴローのブーティエムは、下から上にかけた方がいいようです。上から下にかけた方が弛みにくいのですが、下から上にかけてもぜんぜん弛みませんでした。年に数回しか使わないブーティエムですが、なるべく長い距離を歩くときには履いていこうと思います。

R0013022.JPG
R0013024.JPG

R0010444.JPG
R0010442.JPG
posted by 釣雨 at 16:24| Comment(0) | 道具 | 更新情報をチェックする

2013年04月20日

BE-PALのバンダナ

 BE-PALのバンダナが欲しくて、何回かクイズに応募しましたら、BE-PAL編集部からバンダナが送られてきました。当選です。
 色もデザインも、いいと思います。この大きさのバンダナは、小風呂式として利用してもいいし、ハンカチとしても利用できるので重宝します。
 宝くじは当たらず、こんなところで運を使っていますが、当たらないよりいいでしょう。

R0010428.JPG
posted by 釣雨 at 16:48| Comment(0) | 道具 | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

雪丘工房さんのビートルL

 UCOのマイクロキャンドルランタンは、小さくて安定性があって、通常のUCOのキャンドルランタンより使い勝手がいいように感じます。でも、キャンドルランタンは、ちょっと揺らすと溶けたロウソクがこぼれてしまったりします。いくつかマイクロキャンドルランタンを検索してみると、オイルランプ化がのっていたりします。オイルランプ化も、いくつか方法があるようですが、なかでも雪丘工房さんの「ビートルL」がよさそうです。
 ビートルLは、手作りのブラス製で、きれいに輝いています。さっそく注文したのですが、納期は3~4ヶ月ということでした。昨年12月に注文して、先日届きました。
 付属の漏斗でランプオイルを入れ、点火します。ロウソクより安定した炎となります。ブラスの輝きと相まってきれいです。マイクロキャンドルランタンに入れれば、多少の風でも大丈夫です。

R0010409.JPG

R0010406.JPG
posted by 釣雨 at 12:00| Comment(0) | 道具 | 更新情報をチェックする

2013年04月06日

EVERNEW アルコールストーブスタンドDXセット EBY255

 異動となり、4月から通勤時間が2時間半となりました。今まで、家族と一緒に転居するか、単身赴任かで、通勤には困ることがありませんでした。今回は、初めての長距離通勤となり、どれくらい耐えられるか不安であります。

 さて、表題のエバニューのアルコールストーブは、転勤とはぜんせん関係のないものです。このアルコールストーブスタンドですが、エバニューの専用のクッカーならば、安定して使いやすいのでしょう。でも、シェラカップや他のクッカーでは、安定性にかけます。
 そこで、エバニューのアルコールストーブ用の五徳をのせてみたら、ピッタリでした。たぶんスタンドも、五徳も合わせて設計されたのでしょう。
 この五徳を使用することで、直火式エスプレッソマシンものせることができました。写真は、スノーピークのチタントレック700をのせてみました。ちょうどチタントレック700の中にアルコールストーブ、スタンド、五徳、60ccのアルコールが納まります。

R0010403.JPG
posted by 釣雨 at 11:17| Comment(2) | 道具 | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

レザーマン Squirt S4 ナイフレス

 レザーマンのSquirtシリーズは、ポケットサイズで、いくつかの種類があります。これはハサミがベースのマルチツールで、ナイフのないモデルです。
 大きさは6センチメートルで、ポケットの中に入れてもじゃまになりません。ハサミがベースというのが便利で、手紙の封を切ったり、購入した商品のタグを外したりと、いろいろ活用の場があります。
 最近、余った革でケースを作り、紐をつけて、鞄の内側にぶらさげています。
R0010401.JPG
posted by 釣雨 at 10:45| Comment(0) | 道具 | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

ハクキンカイロ ピーコックmini

 今年の冬は寒かったのですが、カイロなしで過ごしてきました。しかし、2月になっても寒さがきびしく、薬屋さんでカイロ用のベンジンが安くなっていたので、買ってきました。
 最初、カワサキポケットウォーマーを使ったのですが、10時間前後で消えてしまいます。出勤前につけて、帰りの電車に乗るころには消えてしまいます。帰りの夜道は寒いのに役に立ちません。
 もう少し長持ちするのはないかと探してみると、ハクキンカイロ ピーコックminiが復活しているではないですか。燃焼時間が18時間ということで購入することにしました。シーズンも終盤に入って、比較的安くなっています。
 カワサキポケットウォーマーは小さくて軽いので、よくズボンのポケットに入れたまま洗濯してしまうことがありました。ピーコックminiは、小さすぎず、洗濯することはないでしょう。
 やはり冬はハクキンカイロですね。これからシーズンも終わりということで、安売りのものがでてくるでしょう。皆さんも、来シーズン用にお一ついかがですか。
R0010378.JPG
真ん中が「ピーコックmini」です。
posted by 釣雨 at 11:01| Comment(0) | 道具 | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

デバイダー用のケース

 製図用具にデバイダーというのがあります。何に使うかというと、製図で等間隔に印をつけたり、定規から寸法を写しとって製図用紙に写したりします。定規で直接用紙に打点するより、正確に写すことができます。
 また定規で直接測ることのできない場所や物の寸法を測るのに役立ちます。
 ここで、なぜデバイダーかというと、フライタイイングにも活用できるからです。左右のウィングを切り出すときに使ったり、鉤とテール材の長さを合わせるのに使ったりと、あると便利な道具です。
 このデバイダーですが、コンパスのような形をしていて、両脚に鋭い針が付いています。持ち歩いたり、机の中にしまっておいても、ふとした弾みで針が危険です。そこで、今回は、このデバイダーの収納ケースを作ってみました。
 革を二つ折りにして、片側を縫っただけの簡単なものです。これで机の中に入れておいても、持ち運んでも、安全が確保されました。
R0010371.JPG
posted by 釣雨 at 10:33| Comment(0) | 道具 | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

フライパッチの代替

 フライフィッシングを始めた頃は、フィッシングベストを着て、胸にはフライパッチを付けていました。フライを交換するときには、使用していたフライをフライパッチに一時的に刺していました。でも、フライパッチにフライを刺すとハックルフライなどは、形が崩れてしまいます。
 今は、渓流以外はショルダーバッグを使用しているので、フライパッチを付けることもなく、代わりに小さなフライボックスを利用しています。フライボックスといっても、既製品では適当な大きさのものがないので、娘が小さいときに使っていた「たー坊の缶」を使っています。フライを刺せるようにコルクを敷いています。大きさは、手のひらサイズです。
 このボックスは、使用したフライを一時的に保管するもので、まだ使用可能なフライは元のフライボックスに移動します。使えないフライは廃棄となります。
 ボックスなので、フライの乾きが悪く、長期間フライを入れっぱなしにすると鉤が錆びてしまうこともあります。写真のフライは、管理釣り場、コイ用となっています。今、このボックスの入っているフライは、丈夫なフライか、あまり釣れずに他のフライと交換したものがほとんどです。
R0010342.JPG
posted by 釣雨 at 15:53| Comment(0) | 道具 | 更新情報をチェックする