2018年01月30日

小型デバイダー

 新しく小型デバイダーを購入した。デバイダーは、等間隔に記しをつけたりするのに使えるので、フライタイイングには同じ大きさにマテリアルを切り出すのに役立つ。

 今まで使用していたデバイダーは、力を入れると寸法がズレてしまうことがあったが、今回購入した「ドラパス独式スプリングコンパス(両針)」はセンターのネジで固定されるようになっているので、ズレることはない。最大30mmまで、測ることができる。

 デバイダーは、この他、定規を当てられないようなロッドの直径なども、寸法を移しとることができる。フライフックのゲイブと同じ長さのハックルを選びこともできたりする。

 実は、私、フライタイイングで使うことは少なく、革細工で縫い目の位置出しや、革の寸法を測るにに使用しているのである。


A2376CA5-3106-44AB-889E-A3979EC5621A.jpg

posted by 釣雨 at 12:45| Comment(0) | 道具 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください