2016年10月12日

110サイズ ガスカートリッジ2本収納袋

低山ハイクを始めた頃、山でコーヒーを飲むのにエスビットのポケットストーブを使っていた。これで一人分の湯沸かしには不自由なかった。

しかし、日光の男体山の山開きでは、ポケットストーブでまったくお湯が沸かなかった。それ以来、スベア123Rやオプティマス8Rなどのガソリンストーブを山に持っていっていた。でも、釣りなんかでは、手軽なガスストーブを使用することがあった。

ガスストーブは、ストーブ本体のケースは付属してくるけれど、ガスカートリッジと一緒に収納できるものはなかった。

先日、サルパウチさんのホームページで、ガスストーブ本体とカートリッジ(110缶)が一緒に収納できる袋の販売告知があった。入荷のお知らせを待って、さっそく注文した。

下にガスカートリッジ、上にストーブ本体またはガスカートリッジが収納できるものである。下のカートリッジ収納は若干余裕あり、上のストーブ本体の収納は布製なので自由度ありである。

この袋ごと収まるクッカーがあると良いが、別にシェラカップや富士山カップを持っていってもいい。

4683AAB5-BC4A-4C5D-8B35-DC91B3FC3BF4.jpg346DC6AA-4E1B-4466-855C-1B403D58C9CA.jpg

posted by 釣雨 at 18:37| Comment(0) | 道具 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください