2015年07月18日

DSPワールドレシーバー「RAD-S800N」

単身赴任先でも、テレビがあるとNHKの集金があることを前回の単身赴任先で知った。だから今回の単身赴任先では、テレビは持ってこなかった。
赴任して1週間もしないうちにNHKの集金の方が訪ねてきた。「テレビはありませんよ」というと、すぐに引き上げていった。
でも、音のない宿舎は寂しい。で、ラジオを自宅から持ってきた。しかし、電波の状況が悪く、うまく受信できない。
そこで、少し感度のいいラジオを手に入れることにした。どうせなら短波も聞ければ面白いなと思い、探してみるとワールドレシーバーなる分野があるのがわかった。
そのなかで比較的安価で、評判の良さそうなものを見つけた。(株)オーム社の「RAD-S800N」である。もとは中国製のようで、中国の会社からは別の名前で出ているようである。
感度は、まずまずで、持ち歩くのも楽なので、実家に行くときも持って行く。
朝はタイマーで電源が入るので、目覚ましがわりにもいい。実際は、目覚ましの5分前に電源が入るようにして、少しラジオを聞いて、目が覚めてきてから目覚ましで起きるようにしている。
電源は、電池だけでなく、コンセントからも利用できるので、家の中で使うのには電池の残量を気にしなくていい。

7DBC7559-C135-46C4-A167-3288086CCEA2.jpg
posted by 釣雨 at 19:15| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください