2016年06月13日

etrex30の電源ボタンが壊れた

ガーミンetrex30は、小型のGPSである。現在地表示やルート案内、軌跡の記録ができ、山行やウォーキングに便利である。単三2本の電池で、駆動時間が24時間と長時間なのも安心である。
使用してから4年以上経過し、電源ボタンのゴムが劣化したためか、ゴムが取れて穴が空いてしまい、電源が入らなくなってしまった。取れたゴムの先端が削れたようになっていたので、押したときにゴムの先端がズレて無理な力がかかってしまったのかもしれない。
しかたがないので、電動消しゴムのゴム(φ5mm)を切って電源ボタン部に入れてみた。これで電動が入るようになったので、上からテープを貼った。前より電源ボタンが確実に押せるようになったようだ。

A9034263-6AB0-465F-8947-1073B7B75D52.jpg4E6BD0A4-13A2-4160-B79A-DC40AD05C535.jpg
posted by 釣雨 at 20:38| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする