2015年09月25日

レザーマン スクォートEs4

レザーマンのスクォートEs4は、電気関係に使用するものであるが、先がペンチになっていたり、ちょっとした線を切ったりできるので、他のスクォートより便利である。
持ち歩くのにはそのままでもいいのであるが、革でケースを作ってみた。革を二つ折りにして、片側を縫っただけである。スクォートと紐で繋いでおくために穴をあけて、ハトメをつけてみた。紐を長めにすることで、ケースをぶら下げたままでも使えるようにした。
これで、ズボンのポケットに入れても、金属の冷たい角張りがなくなり、調子がよくなった。

F353C6FE-7215-4915-9FE0-75E3F9F02BC0.jpg
D10D9A19-DF63-4335-A7D3-17BB8C30F3CE.jpg
posted by 釣雨 at 19:04| Comment(0) | 道具 | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

ベレッタのラブレス

Amazonで、おすすめ商品にナイフが並んでいて、よく見るとR.W.ラブレスの文字があった。ラブレスのナイフといえば、高価で手が出なかったのが思い出される。今でも数十万円から数百万円で取り引きされているようである。
Amazonにあったものは、数千円である。グリップがプラ製で、いかにも安物であるが、デザインはラブレスである。アメリカの会社のようであるが、日本の関市にあるMOKIというところで作っているようである。手元にちょっと余裕があったので、思わずポチッとしてしまった。
「R.W.LOVELESS DESINE BERETTA U.S.A」とある。他に「Model 200A SEKI JAPAN」とも刻印されている。
単身赴任先で、ちょっとした野菜を切ったりするのにいい。切れ味はなかなかである。まだ、ちょっとしか使ってないが、使いやすい形状である。こんな安いものでラブレスは語れないと思うが、ラブレスの魅力がほんの少しわかったような気がする。

BCEC4E71-26DA-4CB5-A73E-DAAC39436B61.jpgBE2A3E2B-86E2-499F-B51E-985D52C17384.jpg
posted by 釣雨 at 18:56| Comment(0) | 道具 | 更新情報をチェックする